【2017年1月13日】渋谷atomに新年一発目に行った話【あけおめ】

年始のバタバタした空気も少しづつ緩和されつつありますので、新年一発目のクラブに行ってきました。
行ったのはもちろんatom!

去年はキャメロットで締めたので、今年はatomで始まります。

年末の回では、23時30分あたりに行くと、atomに混みすぎていて入れなかったので、今日はもう少し早い23時手前あたりに行ってきました。

並んでなかったです。
少しくらい並ぶのかなぁ…なんて考えていましたが、杞憂でしたね。

しかし、さすがは金曜日。
中はそこそこ混んでいて、60%くらいは埋まっていました。

どうやら下の洞窟のフロアは改装中で、女子トイレのみの解放らしい。
ですが、灰皿が置いてあって、休憩所みたいな感じで人が集まってました。
タバコもゆっくり吸える憩いの場的な(笑)

新年一発目なので、しっかり結果を残して今年をスタートしたいなあと意気込んでのatomです。

一滴も飲まずに入ったので、ガソリンを体内にチャージしてからナンパに勤しみます。

と、その前に少し踊ってから行くとします。
そこそこ混んでいるとはいえ、まだ早い気がしますし、自分のテンションも上げていかなくては。

1時くらいに行動スタートです。

そこそこ踊ってのども乾いてきたので、乾杯できる相手を探します。

踊っている間、ちょろちょろ目が合った色白の小さいかわいらしい女の子がいたので声をかけました。
二人で来ているみたいなので、3人で乾杯しようと言ったのですが、友達は私はいいから二人で行きなってさ。
めっちゃいいやつかよ!!

というわけで色白の子と乾杯することに成功。
何飲むか聞いたら、『レッドブルウォッカ!』ってめっちゃ元気に言われました。
(おいおい、こいつはかなりクラブ慣れしてるぜ。はずれくじ引いたわ~)と思いつつも自分も同じものを。

少し談笑してから名前を聞きました。

私『名前なんていうの?』

色白『○○だよ~。お兄さんは?』

私『××だよ』

色白『やっぱり!(私の妹の名前)のお兄ちゃんでしょ?』

俺『!?!?!?!?!?』

たまたま声をかけたのが妹の友達だなんてありえるんですか。
小中の同級生らしくて私のことを知っているらしい。

たしかにそういわれてみれば、見たことあるような気がしなくもない。

まさかの展開にどよめきました。もう今日のクラブはナンパできねえ。。。
妹にばれたりしたら大変!(笑)

しょうがないので、色白の彼女と一緒にクラブを楽しむ方へシフトチェンジ。
けっこうクラブには来ているみたいだし、ガンガンした音は好きみたい!

『もっといい男がいたらそっちに行きなよ~』なんて探りをいれながら一緒にメインで楽しむ。
『男に興味ないし!』なんて言われて、今日も不作か~と脳裏によぎりました。

前の方に一緒にもみくちゃにされて、後ろに戻ってまた乾杯してを繰り返す。
たまに上のフロアでタバコ吸っておしゃべり。

混みあっているので、必然的に手をつなぐ。
そしたら段々距離が近くなってきて、向こうからぎゅって手を握ってきた!

あれ?なんか今日行けんじゃね?なんて気がしなくもない。

4時を過ぎたあたり。最後の盛り上がりのためにメインの前の方へ。
その時にはもう後ろから抱きしめる感じになってて、髪の毛の良い匂いにすこし興奮しました。(笑)

『このあと飲みに行こうよ』『いいよ~』なんて会話をしながらクラブを出る。
そしたら足が痛いと嘆きだしました。
そりゃあんだけ飛び跳ねてりゃそうなるだろ。と思いつつ、これはホテルへの布石なのではと思い、打診。

私はいいけど?ってかるっっっ!(笑)

いったん居酒屋に入ってちょっとおしゃべりして(といっても2時間半くらいしゃべってた)、ホテルに行きました。

もう妹の友達とかどうでもいいや~なんて。(笑)
向こうは向こうで同じ思いでしょうし、その辺は大人なのでうまくやるでしょう。

そんなこんなで新年は良いスタートを切れました。
今年もクラブでガンガン遊んでいきたいと思ってますので、よろしくお願いいたします!

ところで、金曜日、土曜日ってホテルは高いイメージだったのですが、朝の7時から夕方16時くらい滞在できるサービスタイムなるものがあってそうすると5000円前後でホテルに入れるんですね。
知らなかったです。

貧乏な私でも、祝前日はクラブで遊ぶ、居酒屋で飲む、ホテルでそこそこ安く遊べそうです。
良い収穫でした(笑)

クラブナンパを世に広める伝道師。(自称)DJも出来る典型的パリピ。 最近は声掛けをあまりせず、一撃で決めるスズメバチのようなナンパをしている。 ちょいぽちゃの子が好みなので友人と被ることはないまさに聖人君主。

コメントを残す

(*) Required, Your email will not be published