【一人で】ウルトラジャパンを最高に楽しむ6つの事【参戦】

ウルトラジャパンに行ってきたのでそのレポートです。

今回のウルトラジャパン2日目は大雨でした。
ナンパとかどうでも良くて、とりあえず楽しんで帰るのを目的に行ってきましたよ一人ですし、初めてでしたし…
会場は広くてメイン以外にもブースが立ち並び、一日中遊んでいられましたね。

とりあえず情報はネットを探し回れば一通り出回っているので、私が感じた、ウルトラジャパンの完全な楽しみ方をレクチャーします(笑)

①ロッカーは早めに確保しろ!
着替えたり、邪魔な荷物を預けておくロッカーは早めに確保しましょう。
私は11時ごろ行ったのですが、ロッカーの列はかなり並んでいました。

たぶん2時あたりにはすべて埋まってしまうのではないでしょうか。

ロッカーは2000円で出し入れ自由。別途デポジットとして2000円払います。
合計4000円ですね。高い‼(笑)
ただ、2000円は帰りに返ってくるので実質2000円です。カギはなくさないように注意です。

大きなロッカーなので、大きなカバンとか、なんでも入れられるのはかなりいい感じ!
会場の入り口にロッカーを借りるためのテントがあるので、そこでお金を払ってカギを手に入れましょう。

②エントランスは早めに済ませるべし!
エントランスは再入場口は別にあり、エントランスはお昼頃からめちゃくちゃ並びます。
早めに入って、リストバンドをゲットし、その後、目当てのDJが出るまでお台場で遊んだり、ゆっくり楽しみましょう。再入場は何度でも可能です。

外に出ても再入場口からすぐに会場に入れます。

私は11時過ぎにエントランスにいったのですが、すぐに入場出来ました。
その後、荷物を置きにロッカーに戻ったのですが、エントランスはものすごい列で、入るのに何時間も待たされていました。
それを横目に、再入場口からサッと入れるので、早めの入場をお勧めします。

ちなみにGoProのようなウェアラブルカメラは持ち込み禁止ですが、再入場口のセキュリティはガバガバなのでこっそり持ち込むことは可能です。
エントランスは荷物検査が厳しいので不可能ですので注意です。(私ははじかれました)

③メインステージは早めに入っておくべし
メインは16時過ぎから規制が入り、18時くらいにはメインステージにたどり着くまで30分くらい並びます。
一番盛り上がる夜から最後までメインにいるには早めに行かないと、お目当てのDJを観れず、涙することになるので注意です。

メインにはお酒を買うブースも、タバコを吸うスペースもあるので、困ることはないかと思いますが、一点だけ注意があります。トイレがメインにはありません。なので、4つ目は、、、

④トイレは済ませておけ
トイレはめちゃくちゃ並びます。16時くらいにトイレ行ったのですが男子でさえすごい並んでいて、20分くらい並びました。

これは女の子だともっと並ぶことになるでしょうね。

トイレは仮設なので、お世辞にも綺麗とは言えません。
なので、大きいほうを催すと絶望することになるので、来る前に済ませておくのが良いでしょう。
ただ、お酒を飲んでトイレが近くなるのはしょうがないですが、並ぶことは覚悟しておいてください。

そして、先ほどいったように、メインは入場規制がかかるので、トイレは夕方ごろに済ませてあとは踊りまくれるよう準備するのがおススメです。

⑤早めの退場も視野に入れるべし。
3日間合計で10万人を動員するので、帰りは混雑が予想されます。
私は大雨の影響で完全に疲弊しきっていたので、20時30分くらいに退場しました(終了は21時)

これくらいだと、まだ帰る人も少なくて、最寄駅から座って帰ることが出来ました。

最後までいるのも良いですが、早めに切り上げてゆったり帰るのも良いかもしれません。

⑥とりあえず飛び跳ねろ
もう楽しむためには恥ずかしいなんて気持ちは不要です。
曲がわからなくても、周りのパリピに合わせて手を上げて飛び跳ねておけば、かなり楽しいはずです。

ウェイウェイした男もいるので、知らない人とハイタッチしたり、肩を組んで踊ったりとめちゃくちゃ楽しいです。
飲みすぎてフラフラしないように注意しましょう(笑)

今回が初めてのウルトラジャパンでしたが、非常に楽しかったです。
台風で中止も懸念されましたが、なんとか開催されました。

世界のトップDJを間近に観れて感動しましたし、来年もまた行きたいと感じました。

コメントを残す

(*) Required, Your email will not be published